スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 四大陸フィギュア2009 男女ショートプログラム

<<   作成日時 : 2009/02/07 20:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 プレ五輪大会と位置づけられている、フィギュアスケート四大陸選手権がカナダのバンクーバーで行なわれていますが、男子のシングルを除くアイスダンス、ペア、女子シングルは既に終わっているのでありますが、昼間に2時間かけてフジテレビが男女シングルのショートプログラムを放映した。1時半から3時半の放送時間であるが、3時にはもう女子のフリーの結果は分かってしまっていただけに間抜けな印象がある放送だったかな。それを録画してみる俺はもっと間抜けか。でも女子フリーの放送時間前に記事を書いているからな...
 能書きはおいといて、女子からいきますが、キム・ヨナが72.24点と信じられない点数で2位以下を圧倒してトップに立ったが、スピードが非常に乗って滑っていました。2位は地元カナダのジョアニー・ロシェットで66.90点。3位には地元カナダでロシェットに次ぐ選手であるというシンシア・ファヌーフでミスもなく加点要素もあったためか60.98点獲った。日本勢は浅田真央が57.86点で6位、村主章枝が60.18点で4位、鈴木明子は55.40点で9位。日本勢3人はジャンプで転倒こそはありませんでしたが、ミスが出てしまいそれが影響した。キャロライン・ジャン(58.16点で5位)を含めた6人がフリーでは最終グループで滑走、鈴木はその前の組で滑走することになった。
 男子は地元パトリック・チャンが88.90点の高得点でトップ。GPファイナルとは大違いでした。GPファイナルと大違いと言えばチャンと逆なのはGPファイナル優勝者(アメリカ人では初らしい)のジェレミー・アボットで転倒もあり75.67点で4位、2位にはエヴァン・ライサチェク(アメリカ)で81.65点。チョット硬いところがあったか。織田信成は最終滑走で75.04点で6位、小塚崇彦は76.61点で3位スタート。ブランドン・ムロズ(アメリカ、75.05点で5位)を含めた6人がフリーで最終グループで滑走、南里は放送もされずジャンプのミスもあったということで59.44点の11位スタートとなった。

採点はフジテレビ
実況:塩原恒夫(女子)、西岡孝洋(男子)。国分に振らないだけでも随分すっきりしたし、良くなったと感じた。 6.0
解説:八木沼純子(女子)、本田武史(男子)。特になし。 6.0
スタジオ:遠藤玲子、荒川静香。特になしだが、荒川の顔が痩せたのかしゃくれ具合が進行してきているな。チョット怖くなった。 5.5
会場:国分太一、内田恭子。国分は演技中に割り込んでこなかったのはいいが、共同インタビューには質問していたのか。要らんことをしていたが、女子と男子の間の女子フリーの展望のときに登場していたが、この時間だと女子フリーは終わっているかどうかの時間だけに間抜けな感じがした。 5.0
インタビュー:特にナイが、ポエムアナが浅田にしているのは分かった。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四大陸フィギュア2009 男女ショートプログラム スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる