スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 全日本フィギュア2008 男子フリー

<<   作成日時 : 2008/12/30 15:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 全日本フィギュアも終わって日が経ちますが、男子フリーの記事がなかったのでここで書いておきます。
 男子は織田信成がフリーも1位で合計243.70点で優勝、小塚崇彦は225.94点で2位、3位争いは昨年ほどではありませんでしたが熾烈で無良崇人が追いすがる南里康晴らを振り切り200.48点で3位にはいる。織田・小塚・無良の3人は来年の世界選手権の代表に選ばれ、織田と小塚は四大陸選手権の代表も兼ねる。4位にSP6位の南里康晴(197.69点)が入り、2年連続の世界選手権の代表は逃したが、四大陸選手権の代表には選ばれた。
 ショートプログラムで差があったから織田の優位は目に見えていてフリーでも4回転の失敗はあったが、あとは特別何がというところはなくトップは当然かな。小塚は最初の4回転はこちらも失敗。織田は1.1倍になるときにジャンプを数打ってくるのでフリーでの点差はここで出たのかなと思う。他にも当然あるけれど。
 優勝争いはともかく、3位争いが注目であったが、SP3位の無良がSPの優位を生かしたことには間違いない。南里はSPで低さが響いたのと(無良と6.35点差つけられた)、ジャンプにミスが出たのが痛かったかな。3.56点しか縮まらなかったからな。
 SP4位と健闘した村上大介でしたが、4回転失敗したのはともかく、後半も未知の4分半ということもあり明らかにばてているというのが分かる滑りであった。フリーだけなら7位で合計187.50点で5位。
 中庭健介はジャンプの軸がずれていたようだ。町田樹(183.73点)を抜いて6位に浮上したが、世界選手権出場争いに絡むというところまでいけなかったのは残念。184.18点で6位。

採点はフジテレビ
実況:西岡孝洋。ちょっとK−1ぽい面が見られたな。西岡はフィギュアやサッカーでは下手なことをあまりしないタイプだけに... 5.5
解説:本田武史、荒川静香。先に荒川に指摘された面もあったが、本田も先に指摘する面もありそういう意味ではお互い張りがあったのかな。 6.0
カメラワーク:特になし。 6.0
インタビュー&リポート:遠藤玲子。特になし。 5.5
キャスター:内田恭子。国分いなくてよかった。 5.5

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
荒川静香+解説-でつながるブログリング
荒川静香+解説に関するブログをまとめています。 ...続きを見る
blogring.org
2009/01/02 17:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
全日本フィギュア2008 男子フリー スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる