スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS フィギュアスケート GPファイナル2008 エキシビジョン

<<   作成日時 : 2008/12/14 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 フィギュアスケートのグランプリファイナル2008のエキシビジョンが行なわれました。昨年の放送はあまりにもひどく東京新聞の芸能投稿欄に批判の投稿が掲載されるという出来事がありました。
 演技は全部で12組が放映され、男女のシングルは4人ずつでペアとアイスダンスは2組ずつであった。一番の見せたのはトマシュ・ベルネル(チェコ、男子4位)だったかな。今回はマイケル・ジャクソンメドレーで滑り、ムーンウォークまでしていて、SPやフリーよりもジャンプやステップが決まっていた。ムーンウォークを20数年前に流行っていて俺も挑戦して笑いを取ったことがあったっけ、別にどうでもいいけれど。
 小塚崇彦は今回はドリフターズの曲でジーンズをはいて滑っていた。昨年はスケート場かボーリング場で働く人という衣装で滑っている印象があっただけに少しは垢抜けて来たかな。
 アイスダンスの2位のロシア組はロッキーを滑りました、今回見るのは2度目でGPシリーズのエキシでも行なっていた。そういえば日本のエイドリアンこと松金よね子(エイドリアンの声を担当し、顔も激似)はどうしているのか?
 浅田真央はNHK杯と同じくでアンコールでフリーの曲である仮面舞踏会をNHK杯と同じく滑っておりました。あとはジョアニー・ロシェットがセクシー系の演技をしていました。
 今年の放送は昨年よりかはマシだったかな。これとて実況がマシ(昨年は角澤がリンク見ていね〜だろうという感じであり、佐野が指摘しても無視するということがあったから)だったのと、番宣兼ねてエキシビジョンの魅力というのを芸能人に語らせるということがなかったからに過ぎず、今年も過去のエキシを流しまくったりという愚策を今年も敢行していたからな。放送時間が2時間あったのに水増し度が多い放送だった。

採点はテレビ朝日
実況:清水俊輔。特になし。 5.5
解説:荒川静香。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
スタジオ:松岡修造、荒川静香、草g剛。草なぎはキム・ヨナに韓国語で聞くのはいいが、答えたのは通訳しなかったし、質問自体も松岡修造クラスでも出来る程度で荒川静香がもう少し出てくればもう少しいい展開になれたかもしれないと思った。チョナンカンはなにしに出てきたのか不明なのは最後まで変わらずで17年前の世界陸上みたいに生島ヒロシと西田ひかるのように通訳無視するインタビューはありませんでした。そこまで出来ないチョナンカンの実力は... 5.0

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
4輪買取業者
中古車査定 ...続きを見る
中古車査定
2012/03/30 23:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィギュアスケート GPファイナル2008 エキシビジョン スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる