スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS フィギュアスケート GPシリーズ2008 フランス大会SP

<<   作成日時 : 2008/11/15 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 フィギュアスケート、グランプリシリーズ2008第4戦、フランス大会の男女のショートプログラムが行われ、男子は小塚崇彦がスピンでの転倒もあって77.00点で2位、トップはカナダ大会優勝のパトリック・チャンで81.39点のPB、2季前の世界王者の地元ブライアン・ジュベールは最初のジャンプで抜けてしまったのが影響したのか73.75点の3位につけた。
 男子は4位に一昨年のGPファイナル出場者の地元フランスのアルバン・プリオベール(73.24点)、5位にはライアン・ブラッドリー(アメリカ)が入る。
 女子シングルでは浅田真央がジャンプで2つのミスが響いて58.12点と低い点数に終わって2位、トップはこちらもカナダ大会優勝者のジョアニー・ロシェットでジャンプの転倒もあったが、59.54点。3位はキャロライン・ジャンが57.76点、4位にはベリトリサ・リャン(べべ・リャン)、その他にはトリノ五輪でフリー最終グループ入りした(10位)エレーネ・ゲデバニシビリ(グルジア)は五輪後精彩を欠いたままの状態が今回も続き41.48点、エミリー・ヒューズが久しぶりに登場したが、久しぶり(昨年のGPシリーズは1・2戦でともに4位で終了、世界選手権にも出ず)の影響が出たのか44.32点に終わる。

採点はテレビ朝日
実況:角澤照治。男女とも実況はしていたが、中国大会やACL決勝の実況があまりにもひどかったためか良く思えたかにみえたが、やっぱりVTRそっちのけと言うか進行の悪さを露呈してしまった。 5.0
解説:伊藤みどり。らしいと言えばそうなのかな。こちらは角澤と違ってVTRが出るとキチンとVTRに出た演技の解説を行っていた。 6.0
カメラワーク:特になし。 6.0
リポート&インタビュー:清水俊輔。特になし。 5.5
スタジオ:松岡修造、大木優紀、荒川静香。女子の演技終了後には出てこなかったな。そこまで総括しないと。 5.0
構成:男子は小塚、チャン、ジュベールだけ、女子は浅田を始め7選手の演技を流していたが、2時間でこれだけかよと言う思いはあったし、女子の終了後にスタジオが何故でなかったのか不自然である。 4.5

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィギュアスケート GPシリーズ2008 フランス大会SP スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる