スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS フィギュアスケート GPシリーズ2008アメリカ大会 女子フリー

<<   作成日時 : 2008/10/27 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 フィギュアスケートグランプリシリーズ2008アメリカ大会最終日、女子のフリー演技等が行われ、SP1位だったキム・ヨナがフリーでも1位(123.95点)で193.45点という高得点で優勝。2位にはSP3位から逆転で中野友加里で172.53点、3位は安藤美姫で168.42点、4位はレイチェル・フラット155.73点、5位は長洲未来142.90点、6位スザンナ・ポイキオ142.14点、キミー・マイズナーは8位で135.92点。
 女子フリーもキム・ヨナが1位でトータルで中野に20点以上もの大差で圧勝。ジャンプで抜けたのが一つあった他は取り立て問題なし。抜けなかったら130点はいっていたのかな?
 中野と安藤はともに曲が「ジゼル」という対戦も見ものであったが、振り付けは当然違いが出ました。中野は東京選手権で村主や武田に敗れていたから調子は良くないということと先に滑ったアメリカ勢がミスを連発していたこともあり、ファイナル進出を目指すならば、無理にトリプルアクセルや3回転の連続ジャンプをしなくてもいいと判断して回避したのかな。それでも115.07点でフリー2位だからねぇ。
 安藤も4回転を回避して、あとは安心して見れたと思ったが、110.62点とそれでも低いと恩とたらジャンプで回転不足を取られた模様で中野に逆転された原因となったのかな。
 フラット、長洲、マイズナーのアメリカ勢はミスが目立ち、特にマイズナーはGPファイナル以降ジャンプのミスが治らない状態でフリーの得点も81.02点と信じられない低得点、長洲も86.48点と低得点。フラットは100.81点であったが満足まではチョット...でした。

採点はテレビ朝日
実況:森下桂吉。ショートプログラムと比べると演技中に喋りが少し多いんだよな。 5.5
解説:荒川静香。長洲の演技中に難しいところといった瞬間に流すがミスをしたのは非常にタイミングが良かった。 6.0
インタビュー:アーは角澤照治。昨日は長洲にマイクにドラえもんがついていたので興味あるのかと聞いてドラ焼きのほうが好きと言われて皮肉られていた。今日はあまりいいとはいえなかったな。照治のインタビューアートしては。 5.5
カメラワーク:局宣伝のテロップ(サッカー中継の予告)がウザいのとドーナツスピンがフジでやる時と比べるといまいちなのかな。 5.5
キャスター:松岡修造。国分太一みたいに終了後にイチイチ口出ししなくていい。 5.0

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
安藤美姫 アメリカって
まずは新着情報をチェック ⇒  ★新着トピックス一覧★ 【日々の話題の宝庫】では、注目度アップ中のワードに関する情報・話題をピックアップしています。あなたの気になる話題、見つかるでしょうか?今回紹介する話題はこちらです。↓【まりもっこりぶるぶる クリスマ.... ...続きを見る
日々の話題の宝庫
2008/10/27 23:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィギュアスケート GPシリーズ2008アメリカ大会 女子フリー スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる