スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界フィギュア2008 浅田真央が初優勝

<<   作成日時 : 2008/03/21 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 世界フィギュア2008、女子シングルのフリー演技が行われ、浅田真央がフリーで121.46点をマークし合計185.56点で逆転優勝。日本勢の優勝は2年連続5回目で、日本人として5人目(1989年伊藤みどり、1994年佐藤有香、2004年荒川静香、2007年安藤美姫、2008年浅田真央)の優勝者となる。
 2位にはSP1位だったカロリーナ・コストナー(イタリア)が合計184.68点(SP64.28点、フリー120.240点)、3位にはフリーだけなら1位ののキム・ヨナ(韓国)で183.23点(SP59.85点、フリー123.38点)、4位には中野友加里で177.40点(SP61.10点、116.30点)以下、ジョアニー・ロシェット(カナダ)、サラ・マイアー(スイス)らが続き、昨年の覇者、安藤美姫は途中棄権。来年の世界選手権の日本の女子の出場枠3を確保した。
 浅田は最初のトリプルアクセルを失敗したが、その後持ち直して演技点では唯一の60点超をマーク。コストナーはジャンプでSP同様に軸がぶれていたが、それ以外では特にミスがなかったのかな?2005年以来(銅)のメダルを獲得。キムはSPの失敗が響いたな。ジャンプも回転が少なかったのが響いた。中野は最終組でノーミスと思ったが、最初のトリプルアクセルが回転不足でダブルアクセルと判定され、それで技術点が低くなった模様、でも演技点はキムやコストナーよりも高く浅田に次ぐ者であった。安藤は左ふくらはぎを午前中の練習で痛め。ニコライ・モロゾフコーチも棄権を進めたが安藤がサインを拒否して滑ったが、やはり演技途中で棄権ですから...体直して出直して来い。としかいえません。コルピ(フィンランド)は最終組の重圧があったのか精彩に欠いた。キミー・マイズナー(アメリカ)は全米7位と言う結果がそうさせたのかと言う感じであった。しかし安藤とマイズナーという世界選手権優勝経験者が第3グループと言うのも驚くよなある意味。

採点はフジテレビ
実況:塩原恒夫。やはりポエム出たな、昨年ほどではないにしろ... 6.0
解説:八木沼純子。変にポエムにあわせていないところがユーモラス。 6.0
ゲスト:荒川静香。自分も全日本で経験あるのだからそういうことを絡めてほしかった。 5.5
カメラワーク:切れる所が所々あったな。 5.5
リポート:遠藤玲子。特になし。 5.5
インタビュー:鈴木芳彦。特になし。 5.5
キャスター:国分太一、内田恭子。国分はやはり出てきたな。民放全局でレギュラー獲ったからってもう出てくるな。ウッチーは全米選手権取材したのだからもう少し見のある話がほしかったが... 4.0
 地上波放映で演技が流れたのは最終滑走グループの6選手プラス第3グループのマイズナー、安藤、マイアー、アシュリー・ワグナー(アメリカ)の合計10選手。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フィギュアスケート世界選手権女子、浅田真央ちゃんが初優勝、中野は4位、安藤ミキティは途中棄権。
スウェーデンのイエテボリで行われたフィギュアスケート・世界選手権。 結果が先にわかってしまってから、TVで見た。 北欧のリンクで、観客の応援も日本とは違う感じがした。 愛知県出身の3選手は頑張った。{/hakushu/}{/hakushu/}{/hakushu/} ...続きを見る
思いつくまま
2008/03/22 01:32
カロリーナ・コストナー最新版☆
今季のフィギュアスケートのグランプリシリーズは昨シーズンと随分顔ぶれが違いま..... ...続きを見る
うわさ情報丸
2008/03/22 03:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界フィギュア2008 浅田真央が初優勝 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる