スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS フィギュアスケート 四大陸選手権2008 浅田が初優勝

<<   作成日時 : 2008/02/17 02:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2008四大陸フィギュアスケート選手権、女子フリーが行われ、SP1位だった浅田真央が合計193.25点をマークしてぶっちぎりの初優勝、SP2位だった安藤美姫は最初の3回転−3回転に失敗して、2年ぶりの挑戦となる4回転サルコーもダブルで失敗に終わり、トータル177.66点で3位に沈む。2位にはSP3位だった、カナダのジョアニー・ロシェットが179.54点が入り、地元韓国のキム・ナヨンがSBを大幅に更新してトータル158.49点で4位に入る大健闘、村主章枝は145.06点で10位に終わる。
 この大会は昨年から北米がベストメンバーで来るようになっていたが、今年から日本勢もほぼベストの布陣で臨んできたためにいつもよりかは注目されてきた。しかしキム・ヨナが腰痛のために地元開催にもかかわらず欠場、2006年世界選手権優勝者のキミー・マイズナーも全米選手権での成績により出場せずということで、浅田と安藤だけに集中したが、ロシェットが割って入る結果となった。
 村主はこれで今季はおしまいとなったが、フリーでは1回も100点を超えることなく、キチンと演目をこなせないで終わってしまった印象が強いな。このまま沈むのか、復活するのか見ものだな。

採点はフジテレビ
実況:塩原恒夫。全日本同様だったかな。 6.0
解説:八木沼純子、本田武史。本田はサブ扱い。取り立ててないんだよな。 6.0
リポート&インタビュー:西岡孝洋。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
キャスター:内田恭子、国分太一。国分は本当に邪魔。浅田真央の優勝インタビューにまで出てきやがっていい加減にしろ!ウッチーは問題なし。 2.0
構成:四大陸選手権はショートプログラムが昼間の放送だったこともあり、この時間で流すのは致し方ないかな。おさらいと男子の結果もあったためか、演技始まるまで30分以上かかったな。そのため、演技が映っていたのは、最終組の6選手と、村主、ワグナーの8選手のみでフジの放映にしては2時間10分の放送時間の割りに少ないかな。テレ朝だったらもっと少なかったかもしれないけれど。国分はポエムに振られたり、優勝インタビューに入ってきたりと非常に不愉快。 5.5

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィギュアスケート 四大陸選手権2008 浅田が初優勝 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる