スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 第84回箱根駅伝・往路

<<   作成日時 : 2008/01/02 17:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

 第84回東京箱根間大学駅伝競走の往路が行われ、早稲田大学が5時間33分8秒で12年ぶり13回目の往路優勝。以下、駒澤大学、山梨学院大学、関東学連選抜、中央学院大学、日本大学、亜細亜大学、東海大学、東洋大学、中央大学、大東文化大学、帝京大学、国士舘大学、日本体育大学、法政大学、城西大学、専修大学、東京農業大学、神奈川大学の順。で城西以下は復路は8時10分に一斉スタート。順天堂大学は5区の小野が棄権。
 
1区・昨年のような突出した選手がいなく、15キロ過ぎまでほぼ横一線、蒲田あたりからかな?動いて、最初に脱落したのが順天堂・関戸。この最初の脱落が後の棄権への序曲だったのかな?関戸もブレーキで危ないシーンもあった。最下位であったが、しかしトップと2分差はつかず、1区は城西大が史上2回目の区間賞獲得。

2区・山梨学院大学のモグスが3年目でようやく、勉強した。1・2年のときは最初突っ込んで最後はばてる展開であったが、今回は最初の1キロはゆったりでその後ペースを上げて、トップに立って2位以下を引き離す。モグスは三代直樹(順大)のもつ記録を破る1時間6分23秒をマーク。日大のダニエルは19位から4位に引き上げ、中川拓郎(順大)の持つ15人抜きのタイ記録を達成。区間でもモグスに次ぐ2位。しかし、この中川は余談だがニューイヤー駅伝で確か20人抜かれという不名誉な記録もある。東海の伊達も普通に早かったが、ダニエルに最後は抜かれそうであった。それでも区間4位。健闘したのは中央学院大学の木野でいいリズムで走りチームを2位に引き上げた。区間でもモグス、ダニエルに次ぐ3位。期待された日体の北村は区間8位に終わる。東農大の外丸が意外と健闘したが(区間7位)他の選手が余りよく結局チームは18に終わる。早稲田は竹澤が回避したのがモロに出て順位を落とす。城西はこの区間で10人以上抜かれる。

3区は世界選手権代表の竹澤(早大)と昨年の区間賞の上野(中大)という北京五輪標準記録達成者による激突が予想されたが、竹澤は2区を故障で回避したのがモロに出て、上野は体調を崩したのが出て、結局2人ともタイム的にはよくなかったが、竹澤が区間賞。1位・2位に変動はなし。でも竹澤の走りが後の早稲田の優勝に繋がった。

4区は山梨がトップを守り、区間賞は国士舘の阿宗。区間記録を持つ順大・村上の記録に4秒及ばずであった。区間賞だが、最後尾を走っていたにも関わらず一人も抜けなかった。インタビューでもそれが影響していたのかなと思える表情をしていた。

5区はまず、駒大の安西が目立ったが、早大の駒野が追いつき、併走して山梨を抜き去り、安西も抜き去り、昨年の順大・今井の記録を破ることはできなかったが、区間1位の1時間18分12秒のタイムで走りきった。あと学連選抜の福山(上武大・花田勝彦が指導している大学)の快走で区間3位で往路4位に引き上げた。この区間は順位の変動が激しく、国士舘が小田原中継所では最下位で襷をもらったが、13位でゴール。順大は小野が途中まで10位以内にいけるかなという勢いであったが、失速して、足が駄目になつて結局棄権。順大では浜野以来の棄権。最後にゴールしたのは神大で神大もここまで落ちたのかと思った。

採点は日本テレビ
実況:センター・村山喜彦、第1中継車・平川健太郎、第2中継車・矢島学、第3中継車・蛯原哲、バイク・新谷保志、鶴見・町田浩徳、戸塚・森圭介、平塚・高橋雄一、小田原・田中毅、小涌園・上重聡、スタート&ゴール・河村亮。村山は昨年と比べると落ち着いてきたかな。上重の実況時間が少ないわりに声が割れていたのが気になった。もともとそういう声質なのかな?プロ野球中継でのリポートはここまで割れていた感じはしなかったから余計そう思えたのかもしれない。 5.5
解説:碓井哲雄(センター)、瀬古利彦(第1中継車)。瀬古はもう顔で決め付ける感じが今日も出た。しかし解説をするようになって初めて早稲田が先頭に立ったから嬉しくてしょうがないというのが分かる。 5.5
ゲスト:佐藤敦之、今井正人。佐藤は高校の後輩にも甘くは無い激励をしていた。今井は母校が棄権という非常時であったが、取り乱すことは無かった。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
インタビュー:鶴見・町田、戸塚・森、平塚・高橋、小田原・田中、ゴール・河村。早大ヶ全員到着が遅れたのが残念。 5.5

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
箱根駅伝、往路
新春スポーツスペシャル。 お正月といったら箱根駅伝。 今年は''戦国駅伝''という言葉通りのレース展開だった。 その中でも早稲田大、順大においては驚天動地の大事件であり。 早稲田大は1区で3位と、まずまずのスタートだったのだが、花の2区で魔物に食われ、なんと12位まで後退してしまう。 しかしここで... ...続きを見る
らくがきオンリー
2008/01/02 21:53
箱根駅伝12年ぶり往路Vの早大駒野が「山の神」に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080102-00000024-mai-spo 2日の箱根駅伝で往路優勝した早大。渡辺監督が2区を走った96年以来の1番で箱根・芦ノ湖畔のゴールに入ってきた。主将の駒野は胸の「W」を指し、右腕を突き上げてテープを切った。「『帰ってきたぞ』とい.. ...続きを見る
ダイエットスイマーのひとり言☆
2008/01/03 02:23
箱根駅伝往路早大優勝:陰に順天堂大の悲劇
もうどうしようもないほどと ...続きを見る
自分なりの判断のご紹介
2008/01/03 14:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第84回箱根駅伝・往路 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる