スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS フィギュアスケートGPカナダ大会 高橋、村主共に2位に終わる

<<   作成日時 : 2006/11/06 00:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  フィギュアスケート グランプリシリーズ 第2戦 カナダ大会は男女のフリー演技が行われ、男子はSP7位の世界チャンピオンのランビエールが合計210.70点で逆転優勝、高橋は208.21点で2位、3位はジョニー・ウィアーで198.70点。
 女子はSP5位の地元カナダのロシェットが合計173.86点で逆転優勝、村主は168.76点で2位、キム・ヨナはジャンプ等の失敗が響き168.46点で3位、恩田は盛り返したが146.97点で7位。
 男子は皆失敗ばかりで低調だったな。ランビエールがあれだけ失敗しても優勝とはな。高橋も失敗しまくり、集中力の持続等の課題が残った。
 女子は細かいミスは出たが、男子に比べたら低調な感じはなかったかな。日本のマスコミはロシェットなんて頭になかっただろうな。キムと村主ばかりしかこの大会は追っていないからな。

採点はテレビ朝日
実況:森下桂吉(女子)、清水俊輔(男子)。二人いる必要性は感じない。清水は昨日よりも良かったといいたかったが、大事なところで口挟んでしまいこの点はマイナス。森下も昨日よりかはマシに思えたが... 5.0
解説:荒川静香、本田武史。男子は本田がメインで荒川がサブ、女子はその逆。二人も必要ないが、個人個人としてみるとなかなかだと思えた。荒川が仲が悪いといわれる村主に対してなんて言うか注目したが、特に感情は入っていない気がした。仲が良いと言われる恩田に対する感情とえらい違いが出た。 6.0
カメラワーク:村主の顔の細かな表情が追えず残念。 5.0
リポート&インタビュー:小松靖。特になし。 5.5
司会:大木優紀。必要があったのか。 5.0

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィギュアスケートGPカナダ大会 高橋、村主共に2位に終わる スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる