スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS フィギュアスケートGPカナダ大会 SP

<<   作成日時 : 2006/11/04 19:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 フィギュアスケート グランプリシリーズ第2戦、カナダ大会のSPが行われ、女子では今年の世界ジュニア優勝のキム・ヨナがシニア初参戦で62.68点をマークしてSP1位を獲得、村主は58.62点で2位で選曲はボレノ、いよいよという選曲。恩田はジャンプの失敗が響き43.16点で11位、しかし恩田は曲目が春の海という今までのイメージを覆す選曲でまだまだの完成度でした。ジャンプ前に止まってジャンプを飛んでしまうのはある意味凄いですが...、昨年優勝のアリッサ・シズニーが56.12点で4位、地元カナダのロシェットが5位につけたが、ロシェットの演技が映らなかったな。
 男子は高橋大輔がパーソナルベストの78.80点をマークしてトップに立つ、完璧ではなかったもののブサイク織田には負けられんといったところでしょうか。2位はアメリカのジョニー・ウィア、世界選手権優勝者のステファン・ランビエールはジャンプとスピンで転倒してまさかの7位。

採点はテレビ朝日
実況:森下桂吉(女子)、清水俊輔(男子)。二人も必要かな。森下はアメリカ大会では分からなかったが、NHK刈屋なんかと比べると勉強不足が分かる気がした。佐藤有香のフォローがそれだけ良かったことの証明にもなるのだが...、それとなんか喋りが多いな。清水は森下以上に喋り過ぎ。じっくりもっと見たかったな。 4.5
解説:本田武史、荒川静香。本田は若葉マークが取れましたね。八木沼系の解説は相変わらずで、教官の八木沼純子からも合格点もらえるでしょう。荒川は何しに行ったのか分からないくらい使われていなかった。フリーの見所と女子、男子の始まりのところくらいしか出ておらず、フリーの見所は特に荒川がしゃべらなきゃいけないほどの中身なし。 5.0
リポーター&インタビューアー:小松靖。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
司会:大木優紀。必要だったのかな。熱血バカ・松岡修造がいない分ウザくはないのだが... 5.0

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィギュアスケートGPカナダ大会 SP スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる