スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS フィギュアスケート世界ジュニア選手権について

<<   作成日時 : 2006/03/12 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権が終わり女子は韓国の金選手が優勝、浅田は2位で2連覇ならず、日本人の連勝も3でストップ。男子は小塚が優勝、昨年の織田の続き日本人2連覇となる。男女とも優勝者はジュニアグランプリファイナルの優勝者が世界ジュニア選手権を優勝したことになる。男女とも他の日本人は皆入賞している。
 韓国の金は単純な比較は出来ないが、トリノ五輪に当てはめるとメダルには届かないものの村主よりは得点は上なので4位の記録になる。浅田は安藤よりも順位は上になる。
 報道は浅田と金ばかりで、小塚は無視されている状態である。確かに小塚は浅田ほどスター性はなく、高橋ほどイケメンでなく、織田ほどブサイクメンでないことから中途半端かもしれないがもう少し取り上げても良いのではないか。
 しかし金はコーチが吊り上げてジャンプの練習をさせていたがなんだか笑える。そして韓国での熱狂振りの報道と予想された報道である。しかし浅田はいい課題(ジャンプ以外の技術の甘さと精神面)が見つかったが新聞では一部報じたもののテレビは精神面だけで無視だな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィギュアスケート世界ジュニア選手権について スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる